1. TOP
  2. 大英博物館

大英博物館

観光
この記事は約 2 分で読めます。 1,092 Views

ロンドンで訪れるべき観光スポットの上位にいつもあり、私もおススメしたいのはやはり世界屈指の広さを持つ大英博物館、ブリティッシュミュージアムです。かなりの広さを持つこのミュージアムは全て見るのにかかる所要時間は2、3時間では済まないほどです。そしてなによりもこのイギリスが素晴らしいのはこの巨大で且つ素晴らしい芸術品の数々を展示している博物館が入場料無料であるということです。このシステムには感動を覚えます。

こういった自由に歴史的にも価値のある芸術品を頻繁に見れるという環境こそ数々の素晴らしいロンドンデザインの根源でありぜひ真似していきたいシステムと言えます。内部は本当に広く、古代エジプトのミイラ、ロゼッタストーン、ギリシアのパルテノン神殿の彫刻などの人類の古代文明の重要文化財から日本のカタナや鎧、はたまたゴスロリと呼ばれるゴシックロリータのファッションまで展示されている幅の広さで本当に人類の進化における文化財の全てが詰まっているといえる博物館です。

また大英博物館は素晴らしい建築物として広く知られています。まず入り口を飾るギリシャ様式の正面玄関は大英博物館を象徴する存在であり、ネオ・クラシック建築の傑作のひとつに数えられています。そして非常に美しく、且つ広々とした素晴らしい空間を生み出している重要な場所がグレートコートといわれる中庭です。ノーマン・フォスターというイギリス人建築家による美しい螺旋状に広がった硝子天井が歴史的文化財に現代的なエッセンスを添えている様な空間です。”

\ SNSでシェアしよう! /

イギリスロンドン旅行記集の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イギリスロンドン旅行記集の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

2014年3月旅行記

この人が書いた記事  記事一覧

  • 男性はSOHO地区には注意

  • 大英博物館

  • ブリックレーンとコロンビアロードマーケット

  • 衛兵ならホース・ガーズ。ロンドン・アイもおすすめ

関連記事

  • 世界遺産「ウェストミンスター寺院」とその周辺観光

  • ボロウマーケット

  • ロンドンアイ

  • イギリス人シェフ「ジェイミー・オリヴァー」のレストラン「フィフティーン」

  • ビクトリア&アルバート博物館とV&Aカフェ。リーズナブルでクラシック

  • 男性はSOHO地区には注意