1. TOP
  2. イギリス紅茶と硬水。チップの苦い思い出

イギリス紅茶と硬水。チップの苦い思い出

観光
この記事は約 2 分で読めます。 827 Views

イギリスと言えば、紅茶ですよね。ステイ先でホストマザーが朝と夜に振る舞ってくれたミルクティーの味は、今でも良く覚えていたりします。イギリス紅茶の美味しさの秘密の一つが、硬水です。日本に流れるのは軟水ですが、イギリスの一般家庭は硬水。水道水を加工せずそのまま飲むなんてことは危険なので出来ませんが、沸騰後紅茶にして飲む上では硬水はもってこいの水質なんだそうです。実際、帰国後に同じ茶葉を使ってミルクティーを淹れましたが、味は違います。

日本でもデパートなどで見かける「フォーナム&メイソン」の茶葉。ロンドンでその専門店を発見し、日本人の友人たちとすかさず入りました。店内は売り場と食事が出来るところに分かれており、せっかくなのでお茶することに。私はスタンダードにダージリンを頼みました。アールグレイを頼んでいる友人もいたのですが、香りが、普段飲むアールグレイに比べて一層豊かだったように感じました。

この際、困ったのがチップの存在。初めての海外だったのでチップを渡す場所やタイミングがわからず、紅茶屋さんでも渡すべきなのかどうか、日本人同士では判断が付かずおろおろしてしまいました。結局チップは渡さずに終わったのですが、店員さんとのコミュニケーションがイマイチ上手くいかず、渡すべきだったのか否かは未だに謎なままです。少し、恥ずかしい思いはしましたが、紅茶は抜群に美味しく、お土産に茶葉も買って帰りました。

イギリス王室も御用達な茶葉ということもあってか、イートインしている客層も少し小綺麗な方が多かったように思います。当時10代後半の私たち日本人には少し背伸びした場所だったかもしれません。日本人は幼くも見えるので、場には浮いていたかもしれませんね。

\ SNSでシェアしよう! /

イギリスロンドン旅行記集の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イギリスロンドン旅行記集の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

2003年8月の短期語学留学を振り返る

この人が書いた記事  記事一覧

  • イギリス入国時のトラブル

  • キングズクロス駅にある“9と3/4番線”

  • イギリス人シェフ「ジェイミー・オリヴァー」のレストラン「フィフティーン」

  • イギリス紅茶と硬水。チップの苦い思い出

関連記事

  • ロンドン・アイとビックベン

  • 男性はSOHO地区には注意

  • ケンブリッジには観光スポットが随所に

  • イギリス人シェフ「ジェイミー・オリヴァー」のレストラン「フィフティーン」

  • キングズクロス駅にある“9と3/4番線”

  • 世界遺産「ウェストミンスター寺院」とその周辺観光